中用量ピル・月経移動ピル

中用量ピル・月経移動ピル生理不順や月経困難症の治療、不妊治療、月経移動などに用いられます。含まれる卵胞ホルモンや黄体ホルモンの量が低用量ピルより多いため、中用量ピルと呼ばれています。

当院で取り扱っている中用量ピル

当院では、月経移動などのための中用量ピルとして、主にプラノバールを処方しています。

中用量ピルの効果

  • 生理痛が重い・量が多いなど月経困難症の改善
  • 月経不順(生理不順)の改善
  • 月経の移動(月経を早める/遅らせる)
  • 避妊効果(アフターピル)

中用量ピルの副作用

中用量ピルは、下記で紹介するような副作用を起こすことがあります。

  • 吐き気、嘔吐
  • 食欲減退
  • 発疹、湿疹、肌のかゆみ
  • 肝臓の機能異常
  • 不正出血
  • 乳房の張り
  • 便秘、下痢
  • 口内炎
  • 眠気
  • ほてり
  • 肩こり
  • 腰痛

一番上に戻る